Loading0%

ブログ

Blog

2019. Jul.16

自分の特徴を活かす

こんにちは、A. E. カンパニーの井口です。

約1年前のことになります。
仕事のあと友人宅で夕飯をごちそうになりながら、「家、ついて行ってイイですか?」という番組を見ていました。
私は普段TVはほぼ見ないのですが、皆と一緒に見ていたら面白くて夢中になってしまいました。

番組にはたくさんの素人さんが登場するのですが、その中にマルヤマくんという20歳の男の子が出演していました。
古代のアジアのどこかを思わせる独特な着物を着て、アジアンな骨董品を集めている彼は、番組の中で自分がアスペルガー症候群であることを告白。
学生時代は友人関係が大変だったようで、本名は名乗りたくないとのことで偽名を使っていました。

私は発達障害のみに特化した臨床心理士ではありませんが、アスペルガーはじめ、たくさんの自閉症スペクトラム(ASD)のお子さんやその保護者、また成人の方へのカウンセリングや心理検査などをずっと行っていたので、非常に興味深く彼の様子を見させてもらいました。

一緒にいた友人たちも専門家であり会社のスタッフでもあったのですが、皆一致して「この子いいね!」と大絶賛。

何が良かったかって、彼自身が自分の特徴(コミュニケーションが苦手など)を自覚しており、またその独特かつ唯一無二な美的センスを存分に生かし、SNS上で自ら発信しているところです。
彼の自宅の部屋は、誰のマネでもない彼そのものの世界が広がっていました。
古代朝鮮や琉球王朝、アイヌの古銭や骨董品などが飾られたその部屋は、彼の好きなものに溢れていてとっても魅力的でした。

そして、いつかはそのセンスを生かし雑貨屋を開きたいとのこと。

それを見て、そうそうこれだよね! ととても納得しました。

自分の特徴や自分の関心のあること、好きなことをしっかり理解し、それを生かそうとすること。
これは発達障害という診断があってもなくても、本来皆に必要なことだと思うのです。
それを若いながら現在実践しているマルヤマくん、素晴らしい。

そして彼の姿を見ながら、ASDなどのこだわりある人たちで作るセレクトショップを本気で作ったら面白いだろうなーと思いました。
接客や運営などはもちろんスタッフも手伝うとして、絶対ユニークなお店になると思うんですよね。

マルヤマくん、勇気を持って出演してくれてありがとうございました!
現在療養中とのことですが、彼の夢がいつか叶うことを願っています。

写真は、カウンセリングルーム「E room」のあるセンター北の駅前の大きな木です。
暑くても緑があると目から涼しさを感じられてよいですね。

本日もお読みいただきありがとうございました!

最新記事

page top