Loading0%

ブログ

Blog

2020. Apr.21

専門家が検査で大切にしていること

今日は、知能検査・発達検査を取る心理士はこんなところに注目しているよ、とか、こんなことを大事にしているよ、ということを、専門家の視点からお話ししようと思います。

以前の記事(→こちらをクリック)でも触れた検査結果の数値(IQなど)について、思ったより高かった、あるいは低かったなど、結果を聞いてそれぞれに色々感じることがあると思います。

これらの数値は、お子様を理解するための客観的な指標としてとても大切なものです。

数値で今の状態を知ることで、何となく今までモヤモヤしていたものがわかりやすくなることもあるのではないでしょうか。

しかしこれらの数値は、高いから良かった、とか、平均だから安心だ、などというだけのものではありません。

数字ってわかりやすくてインパクトがあるので、どうしてもそこに着目してしまいやすいですよね。

でも、数値だけでは測りきれないことがあるんです。

それに、せっかく受けた検査ですので、数値が出たらそれで終わり、ではとてももったいないと思います。

私たち専門家は検査というツールを通して、数値以上のものを見よう・知ろうとしています。

例えば、保護者の方から事前に聞いた様々なエピソードや、お子様の検査中の取り組みの様子なども、お子様を理解するためのとっても大切な情報です。

数値も参考にしつつ、全ての情報を併せて初めて理解できることがたくさんあります。

結果を踏まえて保護者の方とお話しする中で、「この結果はこういうことだったんだ!」と新たな発見があることもしょっちゅうです。

だから、私たち専門家は、丁寧に結果をお伝えすることをとても大切なことだと思っています。

そして結果はこちらから一方的に伝えるものではなく、結果を元に保護者の方と一緒に考え、お互い協力しながらお子様の理解を深めていくものだと捉えています。

検査を受けるかどうか検討中の方がこの記事を読んで、少しでも前向きな気持ちになっていただけたら嬉しいです。

そして、検査結果を知ることで保護者の方が楽になれたり、お子様の状態やこれからに向けてのヒントがわかって安心できたりするよう、私たちも真摯にお手伝いさせていただきます。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。




センター北駅徒歩3分 合同会社A. E. カンパニー
カウンセリングルーム「E room」
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-37-6 セントラルヴィラ501


よろしければ下の画像のクリックをお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

最新記事

page top