Loading0%

ブログ

Blog

2019. Jul.4

家事をラクにするコツ

 A. E. カンパニーの照屋です。

 みなさんは、家事は好きですか?

 私は、少し前までは、胸を張って「好き」と言える程ではありませんでした。

 以前からブログでも書かせて頂いているように片付けは好きですし、家事自体がとても苦手だったり、嫌いという訳ではありませんでした。

 ですが、『好き』と言うよりも、「やらなければいけないこと」=「面倒くさいこと」というイメージでした。

 料理に、掃除に、洗濯に・・・。家事は毎日絶え間なくありますが、「家事」=「面倒くさいこと」と思っていた私にとって毎日働きながら、家事もこなしていくのはとっても疲れる毎日でした。

 人に「疲れてるね」とよく言われていたものです。

 そんなこんなを弊社の上司に相談する機会がありました。

 すると、「『面倒くさい』を『面倒くさい』のままにせず、一旦立ち止まって本当に面倒くさいかどうか考えてみたら?」というアドバイスをもらいました。

 その日から、家事をする際に本当に面倒くさいことだろうか、と考えてから動き出すことにしてみました。

 一旦立ち止まって考えてみると、美味しいご飯ができあがるのは嬉しいし、部屋が綺麗になるのはうれしいし、綺麗になった洗濯物は気持ちが良いし、家事をやった後はだいたい自分にとって嬉しいことが待っている、ということに気づきました。

 自分自身に、自分がどうしたいか聞いてみると、美味しいご飯は食べたいし、綺麗な部屋で過ごしたいし、清潔な物を着たい、という答えが返ってきます。

 家族と住んでいる人は、家事をするとそれが自分のためだけではなく、家族のためにもなりますよね。

家族が喜んでくれれば、それが自分自身の喜びにもなります。

 そう考えると、家事は「やらなければならないこと」ではなく、自分や自分の家族が心地よい生活を維持するために「やりたいこと」だったのか、ということが分かりました。

 恐らくそれに気がつく以前から、実は家事は私にとって「やりたいこと」ではあったんだと思います。

 ですが、それをしっかりと自分自身の中で整理せずにやってしまっていたために、自分のやりたいことだということに気づかず、「面倒くさいこと」だと思い込んでいたのかもしれません。

 そんな風に、家事に対する意識が変わってからは、家事をするのが大分ラクになりました。

 もちろん、忙しい時や、体調の悪い時など、家事を一瞬「面倒だな」と思う瞬間がない訳ではありません。

 手抜きになってしまうこともあります。

 ですが、そもそも自分がやりたいことである、という意識がベースにあると、以前に比べてずっと気楽に動けるようになりました。

 家事が嫌いと思っていたり、苦手と思っていたり、面倒くさいと思っている方。

 本当にそうかどうか、一度自分自身に聞いてみるというのはいかがでしょうか?

 案外そうでもない、ということがあるかもしれませんよ。 
 
 本日もお読みいただきありがとうございました。

最新記事

page top