Loading0%

ブログ

Blog

2021. Mar.23

自分の“取り扱い説明書”を作ろう

A.E.カンパニーの寺谷です。

皆さんは、自分の思考の癖や、ついついやってしまう行動などをお持ちではありませんか?

以前、【オリジナリティを大切に(リンク)】という記事でお伝えしましたが、これもまさに“自分のオリジナリティ”です。

さて、私の癖には、こんなものがあります。
それは、〖やるべきことを先延ばしし、ついついダラダラと過ごしてしまう〗です…。

そして、1日が終わる頃には、「あぁ、何もできなかった!」と自分に落胆し、せっかくの挽回のチャンスでもある夕飯づくりも前向きにできなくなる…というダメダメモードに落ち込んでしまうことがあります。

先日、絶好の“何の予定もない1日”というチャンスに出会いました。
何も対策をしないでいたら、ダラダラと過ごしてしまいそうな自分を感じました。
要注意です😨

そこで、「何とか自分を強制的に動かす方法はないか」、と考えました。

その結果実際に私がとったのは、
・排水溝に溶剤の洗剤を流し込む
・知人に手紙を書くために、便箋を机の上に出す
・ベランダ掃除をするために、洗剤をベランダに撒く
・車に水をかける
といった行動をどんどんとしてしまうことです。

さすがに、ここまでやってしまっていれば、自分の貧乏性や、多少はある真面目さといった別の特徴が勝ち、その後の行動(作業の続き)をすることができました。

もちろん、こんな事をわざわざしなくても、テキパキと動ける方は、沢山います。
でも情けないことに、私はそうではないのです。

しかし、こうやって自分の癖や特徴を知っていれば、それに対する対策を考えることができます。

そして、見事に対策が成功し、作業を終えられた時には、何とも言えない爽快感を味わうことができます。
実際に、綺麗になった/済ませられたことを目にした充実感の他に、「うまく自分をコントロールできたぞ!」という達成感を得ることもできるからです。
ということで、「お、なんだか自分の取り扱い説明書を書けそう」と思いました。

こんな風に、その人自身の思考や行動の癖、そしてそれに対する対処法は、結局のところ自分を理解することでしか、考えていけません。

また、私のように、情けなかったり恥ずかしかったりする癖があっても、対処法を考えていければ、それは大きな問題にはなりません。

是非、皆様もご自分の癖、そしてその対処法について考えてみられてはいかがでしょうか。

もちろん、我々もお手伝いすることができます。
「自分の取り扱い説明書」、中々面白いものができるかもしれませんよ。



センター北駅徒歩3分 合同会社A. E. カンパニー
カウンセリングルーム「E room」
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-37-6 セントラルヴィラ501


よろしければ下の画像のクリックをお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

最新記事

page top