Loading0%

ブログ

Blog

2020. May.28

今、改めて心の健康について考える

 こんにちは。
 A.E.カンパニーの照屋です。

 先日、たまたまYouTuberのkemioさんが何故か、「アナと雪の女王」のエルサに扮するという動画を目にしました。

 「今、どうしてエルサなのだろう??」と不思議に思いましたが、どうやら、周囲人達を自分の魔法で傷つけないために、自ら氷の城に閉じこもったエルサは「自粛のカリスマ」なんだとか。

 面白いことを考えるなぁ、とその動画を笑いながら楽しく見させて頂きました。

 緊急事態宣言が解除され、自粛は徐々に緩和する傾向ではありますが、まだまだピリピリしたムードの中、こういうちょっとした笑いや、ユニークさって特に元気を頂けるな、と思います。

 自粛生活の中で感じるのは、自粛をする、つまり様々なことを制限する必要がある状況を「大変な状況」と捉えて、不安やストレスを感じている人達がいらっしゃる一方で、この状況の中でも明るく過ごし続けていることが出来る方々もいらっしゃるのだな、ということです。

 私自身は、kemioさんには詳しくないのですが、例え一見くだらないように見えても、このような状況下でクスッと笑えるトピックを生み出せるというのは、人を幸せにしますし、ポジティブで魅力的だな、と思いました。

 もちろん、今の世の中の状況を正しく捉えず、楽観的に考え感染拡大防止に努めないというのは大きな誤りだと思います。そういう方達を見ると、本当に悲しい気持ちになりますよね。

 そうではなく、今のこの状況を受け入れて生活しながらも、それをストレスと捉えるのではなく、変わらず穏やかに生活していたり、明るくポジティブに過ごしていたり、今だからこそ新しい何かを生み出そうとしている方達が沢山いらっしゃるなと思います。

 弊社の上司から、私たちスタッフは「出来事や状況ではない、自分がどう在るかが大切だ」ということを、常々言われています。

 弊社の上司はコロナの状況下でも、これまでの様子と全く変わらず、明るくポジティブに過ごしていますし、会社が社会のために今後できることは何か、ということを常に考えています。

 人は大きな出来事が起きると何か対策をしようとする傾向があります。
 
 このコロナの状況下でも、「心のケア」の大切さが改めて強調されています。

 ですが、本当は何かが起きてから動き出すのではなく、何かが起きても大丈夫なように普段からしておくということが大切なのだと思います。

 つまり、何か出来事が起きてから「心のケア」をするのではなく、日々の心の健康に気をつけ、しっかり自分自身をメンテナンスしておくことで、何かが起きても大丈夫でいられる自分を作っていく、ということです。

 それが、先ほど書いた「自分がどう在るか」ということなのだと思います。

 身体の健康で考えてみると分かりやすいのではないでしょうか。

 もちろん、病気や怪我をしたから、運動を始めるという人もいらっしゃると思いますが、多くの人が、何かがあったからというよりも自分自身の健康を維持するために、ジムに行ったり、ジョギングをしたり、ウォーキングをしたりしているのではないかと思います。

 そうすることで、怪我や病気を予防することができます。

 心も同じで、普段からしっかりメンテナンスしておけば、健康を維持することができますし、そうすれば、何かマイナスの出来事が起きたとしても、それに対応できる自分で居られることが出来ます。

 カウンセリングと言うと、何か困ったことが起きたり、悩みがある人が行くところだというイメージがどうしても強いと思います。

 もちろん、そういったカウンセリングも非常に大切です。
 
 ですが、一方で、普段の健康な自分を作っていく、というカウンセリングもそれと同じくらい重要だと考えています。

 弊社は、どちらのカウンセリングにも対応させていただいております。この記事をお読みいただいて、関心をお持ちの方はぜひお問い合わせ下さい。

 クライエント様それぞれの、心のメンテナンスの仕方をオーダーメイドでサポートいたします。





センター北駅徒歩3分 合同会社A. E. カンパニー
カウンセリングルーム「E room」
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-37-6 セントラルヴィラ501


よろしければ下の画像のクリックをお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

最新記事

page top