Loading0%

ブログ

Blog

2021. May.4

丁寧に子どもに関わる

A.E.カンパニーの寺谷です。

さて突然ですが、私は上手くできないなりに、「毎日を、一瞬一瞬を、丁寧に生きたいなぁ」と近頃考えています。

そして、それを一番強く感じるのは、やはり自分の息子たちに関わっている時です。
息子たちを見ていると、本当に子どもは日々変化し、成長しているんだな、と思います。

ですので、私は「あ、こんな風に変わってきたな」、「昨日までとは違っているな、すごいな」と感じることも多いのですが、せっかくそう思っているのに、そのことを息子たちに伝えることをせずに、自分の中で「よし、よし、良かった」と留めておいてしまうことがよくあります。

皆さんも、そういうことはありませんか???

実はこれ、とっても勿体ないことなんです。

子どもに『変わってきたね』、『すごいね』と伝えることには、大きなプラスの効果があると思います。


〇子どもの自己肯定感(自分自身のことを価値のある存在として肯定できる気持ち)に、ダイレクトに響く声掛けになる

〇<お父さん、お母さん(それ以外のどなたでも)は、自分のことをよく見ていてくれているんだな>と思える


これらは大きな、大きなチャンスですよね😃

ちなみに私は先日、聴覚過敏のある長男が、少し前は家族の笑い声が気になってしまってこちらを叩いたりつねったりして来ていたのに、最近では『あ、笑ってる』とニヤリとしながらツッコミを入れてくるだけになっているという変化に気付き、そして見事にスルーしてしまいました。

スルーしてしまった原因には、自分がバタバタと落ち着かない気持ちで過ごしていたということと、元々「何で笑っただけで怒られなきゃいけないの」という、長男に対しての不満があったからだと思います。

ですが、そのような私の原因はしっかりと別に対処をするとして、せっかく長男が前よりも望ましい行動を取れているわけですから、その変化を伝えられたら良かったなと思いました。

皆さんは、このような声掛けを含め、丁寧にお子さんに関われていますか?

“丁寧に関わる”と言葉で言うのは簡単ですが、日常生活の中で案外チャンスを逃していることもあるかもしれません。

お子さんのどんな点に、どのように声を掛けたらいいのか。
変化や成長に気付くために、どんなことを見ればいいのか、などなど。

お子さんとの毎日を明るく、楽しく過ごせるよう、ご一緒に考えていきませんか?



センター北駅徒歩3分 合同会社A. E. カンパニー
カウンセリングルーム「E room」
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-37-6 セントラルヴィラ501


よろしければ下の画像のクリックをお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

最新記事

page top