Loading0%

ブログ

Blog

2020. Jun.4

「すみません」と「ありがとう」

 こんにちは。
 
 A.E.カンパニーの照屋です。
 
 皆様は、誰かに何かしてもらった時、咄嗟にどんな言葉が出ますか?
 
 例えば、外を歩いている時に、見知らぬ人が道を譲ってくれたとします。
 
 もちろん、感謝の気持ちを感じるので、「ありがとう」や「ありがとうございます」という言葉が出てくると思います。
 
 ですが、その前に「すみません」とか「申し訳ありません」という言葉が出ませんか?
 
 何を隠そう私もそうです。もちろん気持ちとしては『ありがとう』なのですが、習慣的に咄嗟に出る言葉は「すみません、ありがとうございます」なんだと思います。気持ちは同じなのになんだか不思議ですよね。
 
 子どもの頃はどうだっただろう、と考えるときっと素直に「ありがとうございます」と言っていたように思います。いつしか年を重ねて、いろんな礼儀や社会の慣習を学んでいくに連れて、「すみません」という言葉が「ありがとう」よりも先に出てくるようになりました。
 
 もちろん、この「すみません」は日本人の謙虚な姿勢や文化が背景にあると思うので、悪いものではないと思います。日本人らしい表現とも言えますよね。

 ですが、「何かをしてもらった側」ではなく、「した側」の視点に立ってみると、「すみません」と言われるよりも、「ありがとう」の方が、嬉しい気持ちが大きいのではないかと思います。
 
 その方が、感謝の気持ちがストレートに伝わりますよね。
 
 言葉だけではなく、気持ちの面でもそうなのかもしれません。
 
 誰かにものすごくお世話になったり、迷惑を掛けてしまったりした時、私たちはどうしても「申し訳ない」という気持ちが強くなりやすいと思います。
 
 迷惑掛けた時などは、反省も必要でしょうから、申し訳ないと思う気持ちも大切だとは思いますが、でも、それよりも本当にもっと大切なのは、相手への感謝の気持ちなのではないでしょうか。
 
 『申し訳ない』と思ったままだと、「自分はダメだなぁ」などと落ち込むことに繋がりやすいですが、『ありがとう』と思えば、相手に恩返しをしたいという気持ちや、「じゃあ、もっと頑張ろう」といった意欲に繋がりやすいのではないかと思います。
 
 これまでの習慣で、私もついつい「すみません」と言ってしまうことが多いのですが、ついつい言ってしまったときはしっかりその後に、「ありがとうございます」と伝えて、気持ちは『ありがとう』と想うことを大切にするようにしています。

 本日もお読みいただきありがとうございました。




センター北駅徒歩3分 合同会社A. E. カンパニー
カウンセリングルーム「E room」
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-37-6 セントラルヴィラ501


よろしければ下の画像のクリックをお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

最新記事

page top